logo

映画脚本 黒沢明 販売

トップページ; 映画書籍(本) ; 映画雑誌類 ; 映画パンフレット ; 古いプログラムなど ; 映画ポスター ; ポスター(外国映画). 日本映画史上空前の超大作にして、邦画ベストテンで第1位に君臨する黒沢映画の金字塔。 野武士が野盗化していた戦国時代を舞台に、貧しい百姓たちが侍を雇い、全力をあげて野武士の群から村を守ろうとする姿を描く。. 黒澤明、浜野保樹『大系 黒澤明 第4巻』講談社、年4月。 ISBN。 都築政昭『黒澤明 全作品と全生涯』東京書籍、年3月。 ISBN。 堀川弘通『評伝 黒澤明』毎日新聞社、年10月。 ISBN。 外部リンク. 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年 3月23日 映画脚本 黒沢明 販売 - 1998年 9月6日)は、日本の映画監督、脚本家。 第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている 。.

『羅生門』(らしょうもん)は、1950年公開の日本映画である。監督は黒澤明で、三船敏郎、京マチ子、森雅之などが出演した。 。原作は芥川龍之介の短編小説『藪の中』と『羅生門. /07/08 - Pinterest で 健 さんのボード「黒澤明」を見てみましょう。。「黒澤, 黒澤明, 映画」のアイデアをもっと見てみましょう。. 注文番号 bungb 販売価格 ¥-(折頁あり¥300) 在 庫. 映画脚本 黒沢明 販売 See full list on gensanart. 1956年に、『七人の侍』の短縮版が北米で初公開された際の英語題名は “The 映画脚本 Magnificent Seven” でした。 1960年に、同じ題名で西部劇 (邦題『荒野の七人』) としてリメイクされた後、『七人の侍』の全長版が米国で初公開される頃には、リメイク版と区別する意味で “The Seven Samurai” という原題に忠実な英語題名が定着しました。 ですが、現在では、何故か定冠詞の “The” が抜けて “Seven Samurai” になっています。 短い題名の方が呼び易いのかもしれませんが、映画の中の「七人の侍」は、他の誰でもなく「あの」七人なのに、と今でも私は思っています。.

. タイトル: 日本シナリオ文学全集全12巻セット (書籍/本) 掲載内容: 1巻:木下恵介集 2巻:新藤兼人集 3巻:黒沢明集. 「七人の侍」の執筆作業が終わった後、ベテランの小国英雄が橋本にこう言ったという。 「いいか、シナリオライターには三種類ある。鉛筆を指先に挟み、指先だけですらすら書く奴、指先に挟んだ鉛筆を、指先でなく掌全体の力で書く奴、ほとんどがこの2種類だが、お前は肘で書く、腕力で書く. 概要 黒澤明入門ベスト10 ブログ主のベスト 黒澤映画、過去の作品へ挑もうという人向けの雑記 字幕機能 「ドルビーサウンド」と「5. というのも、小泉堯史は助監督として豊富な経験を積み、確かな腕を持っていることを皆に認められていながら、50歳を過ぎてもまだ監督デビューする機会に恵まれていなかったからで、“浪人”という、言わば非正規雇用の身分に甘んじながら侍として剣の腕を磨き続けてチャンスを待っている、という主人公・三沢伊兵衛そのものだ、と皆が思っていたからだという。だが、プロデューサーとして数々の成功だけでなく、苦い思いもたくさん経験してきた原正人は、この企画を進めるにあたって冷静に物事を分析した。 それでも、何とか故・黒澤監督の遺志に沿う形で映画化すべく、原は“世界のクロサワ”のアドヴァンテージをフルに活かすべく、世界での配給権をプリ・セール(前売り)して製作資金を調達する可能性を探った。ちょうど黒澤明監督を敬愛していたフランシス・フォード・コッポラ監督が畢生の大作『地獄の黙示録』(1979年)の製作資金を調達するために、日本と東南アジアでの配給権をヘラルドにプリ・セールしたのと同じ方法である。 東. 台本(映画関連グッズ 映画、ビデオ)の新品・未使用品・中古品なら、ヤフオク! ビデオレコード (ビデオ (ディスク)) 所蔵館1館. ★黒澤明の映画dvdboxが一番安く買えるお店はコチラ★ ホームシアターリフォーム資金はこれで作れる!世界のクロサワもびっくりの「情報起業非常事態宣言」あなたの人生が8時間で変わります。.

4》です。黒澤明の映画音楽で語られることが多い早坂ですが、こういう心安らぐ優しさに満ちた純音楽も魅力的です。 近年の『シン・ゴジラ』() や『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』() 映画脚本 黒沢明 販売 の公開などで、同じ北海道育ちの伊福部昭が再び注目されるのは嬉しいですが、伊福部と共に切磋琢磨してきた早坂文雄の純音楽作品も、もっと多くの人達に聴いてもらえることを期待しています。 (文中敬称略) ※ この記事は、アメーバブログに投稿した以下の拙記事に加筆修正を加えたものです。 「『七人の侍』公開60周年(前篇) – 個人的体験記」 年4月26日 「『七人の侍』公開60周年(中篇) – 自衛のための闘いと国家間の戦争」 年4月28日 「『七人の侍』公開60周年(後篇) – 主人公のいない物語」 年4月28日 「『七人の侍』公開60周年(番外篇) – 英語題名について」 年4月28日 「午前10時に『七人の侍』を鑑賞」 年10月22日 「午前10時に『七人の侍』4Kを鑑賞」 年6月13日. 黒澤明dvdコレクション::七人の侍 - 黒澤明(監督、脚本) - dvdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. デルス・ウザーラ - allcinema. 一方の黒澤明の脚本の書き方は、大体の展開はあらかじめ考えておくべきだが、出だしから順に追って執筆していくという書き方。 流れを意識して、登場人物のキャラクターを深く掘り下げながら、思わぬ面白い展開を見つけられないか?というような書き方である。 いわゆる「箱書き」というぶつ切りでストーリーを考えていくことが不自然だと考えていたタイプであることから、実は橋本とは正反対の考えを持っていたのである。 なので、「七人の侍」は第一稿は橋本単独に任せていたプロセスだった。 が、そのあとの「生きものの記録」以降は黒澤も橋本も同時に書き始めて、良い方を採用するというシステムに変わった。 それ以来、橋本はタイプの違う黒澤との同時執筆が、かなりやりにくい仕事であったと安易に想像できる。 橋本は、「生きもののの記録」は失敗作と言い切ってもいるし、かなりの体力と精神力を使う黒澤組での仕事は、はじめの三作「羅生門」「生きる」「七人の侍」で終わりにしたかったと述べている。 しかし、黒澤に認められて脚本家としての地位を見出した橋本にとって、黒澤からの誘いは断れない。 その後も「蜘蛛巣城」「悪い奴ほどよく眠る」と共同執筆したが、「悪いやつほどよく眠る」に関しては「仕事に当てるスケジュールは2週間でノーギャラ」という舐められたオファーであったという。 その後、黒澤と橋本はいっしょに仕事はしていない。 黒澤に認められて世界的名作となった「羅生門」で映画デビューした橋本忍。当然黒澤に恩はある。 しかし黒澤組では助手のような扱い。もうすでに相当の売れっ子作家であった橋本にしてみれば、脚本術も正反対であったこともあって、黒澤から離れるべくして離れていったのでしょう。. 黒澤明作品の真髄は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラーとのクリエイティビィティ! 黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを世界中に流行らせたのは黒澤! この商品のほかの号はこちら 黒澤明dvdコレクション 48 価格:1823円(税込) 発売日:年11月5日 48 敵中横断三百里 日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里 世界のクロサワを語る ジェリー藤尾 (俳優/歌手) これからも観続けられる作品に 自分の姿が永遠に刻み込まれている。.

複眼の映像 私と黒澤明 映画脚本 黒沢明 販売 (文春文庫)/橋本 忍(文庫:文春文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。. . 【定価13%off】 中古価格¥2,380(税込) 【¥370おトク!】 七人の侍/三船敏郎,志村喬,黒澤明(監督、脚本)/中古dvd/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。.

プロデューサーとしての原の仕事は、単に映画を完成まで漕ぎつけさせるだけではない。出資してくれた企業に対してきちんとその出資分を返し、さらにそこに利益を上乗せして還元、その映画に出資して良かったと感じてもらうことで次のビジネス・チャンスにつなげていく、というところまで視野に入れなくてはならない。もちろん、そううまくいかず資金を回収できず終わる映画の方がはるかに多いというのが現実でもあるのだが、原は“地味な素材”だった『雨あがる』で見事に利益を生み出すところにまで持っていく事に成功している。 まず、合計4億5千万円の製作費のうち、海外プリ・セール分の1億円を引いた損益分岐点である3億5千万円から、出資金の比率をどこまで下げることが出来るか、というのが課題となる。原は、筆者もかつて審査委員を務めていた芸術文化振興基金の助成金制度に申請して2千万を確保、次に協賛金として外資系のチューリッヒ保険会社から3千万円を得ることに成功した。後は、ハリウッドでは1950年代から利用されていた“ディファーメント”によって、さらに4千万円ほどの製作費を節減することに成功したのだ。 こうして、芸術文化振興基金助成金の2千万、チューリッヒ保険会社の協賛金3千万円と併せて計9千万円の製作費を節減することに成功し、損益分岐点となる出資分の金額は2億6千万円にまで下がった。その後、海外プリ・セール分でパートナーとなったフランスの会社から、北米の権利を返上する代わりに100万ドル出資するところを60万ドルにまけてほしいとの要請があって予定が狂う場面もあったものの、配給収入から宣伝プリント費、配給手数料を差し引いた劇場からの収入1億円と、ビデオ権、テレビ放映権などでの収入の合計によって、出資企業の出資分の回収のみならず、ディファーメント分の4千万円分も全額回収し、利益を配分するところまで漕ぎつけたのだった。 このように準備され、製作され、世の中に送り出された故・黒澤明監督の遺稿に基づく映画『雨あがる』は、日本ヘラルド映画時代の『千夜一夜物語』(1969年)、ヘラルド・エース時代の『戦場のメリークリスマス』(1983年)、『瀬戸内少年野球団』(1984年)、エース・ピクチャーズ時代の『失楽園』(1997年)、『リング』『らせん』(1998年)などと同様の、アスミック・エース時代におけるプロデューサー. 1998年12月25日発行 kawade夢ムック. 映画『 スター・ウォーズ/最後のジェダイ 』で脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンは、日本の巨匠監督・黒澤明の映画から受けた影響を作品に取り入れていたという。.

· 黒澤明監督による不朽の名作『用心棒』(1961)のハリウッドドラマシリーズ化企画が進行していることが明らかになった。米The Hollywood Reporterが報じている。 『用心棒』の舞台は、親分同士が縄張り争いを繰り広げる宿場町. 黒沢明監督 ; 黒澤明, 橋本忍脚本. 今年は、黒澤明の生誕110年で、三船敏郎と稲葉義男の生誕100年 (!) です。そして、作曲家 早坂文雄の没後65年でもあります。 年4月26日、新婚旅行で京都の東映太秦映画村に寄ったとき、映画文化館で『七人の侍』の直筆楽譜の複写を見たのを思い出します。 1914年8月19日、宮城県仙台市に生まれた早坂文雄は、幼い頃に北海道札幌市に移住。生活が苦しい中、独自に作曲を始め、管絃楽曲《古代の舞曲》(1937) がワインガルトナー賞を受賞。1939年、上京。《左方の舞と右方の舞》(1941) 等の名曲を作曲する傍ら、数多くの優れた映画音楽も書きます。初めて黒澤明と組んだ『酔いどれ天使』(1948) の成功後、『野良犬』(1949)、『羅生門』(1950)、『生きる』(1952)、『七人の侍』を次々と成功させます。1955年、交響的組曲《ユーカラ》(1955) 初演。同年10月15日、黒澤の映画『生きものの記録』(1955) 作曲中に急逝しました。 早坂のCDの中では、『高橋アキ/早坂文雄:室内のためのピアノ小品集』(CMCD-28061) を私はよく聴きます。 どの曲も名曲ですが、特に好きなのが《戀歌No.

みんなのコメント COMMENTS 夏の陽光、夜の闇、夜明けの海。 何よりも村上虹郎と芋生悠の生々しい刹那の表情を捉えた撮影が素晴らしかった。 行き場のないふたりの彷徨は、私たちの内なる絶望を炙り出し. “世界のクロサワ”としてその生涯に30本の監督作品を遺した黒澤明監督は、80代になっても旺盛な制作意欲を保ち、『まあだだよ』(1993年)を発表した後も次回作候補として2本のシナリオを執筆していたが、1998年9月6日に88年の生涯を閉じた。 東京・世田谷で翌7日に行われたで身内だけのお通夜の席には、生前の黒澤作品を支えた昭和一桁世代の黒澤組スタッフの面々が顔を揃えたが、もちろん、その中には『デルス・ウザーラ』(1975年)、『乱』(1985年)という2本の作品を手掛けた原正人の姿もあった。そのお通夜の席での話し合いから、1本の映画の製作がスタートした。それが、黒澤監督の遺稿『雨あがる』の映画化という企画だった。 『雨あがる』は山本周五郎原作の短編小説を基に黒澤監督が脚色したもので、剣の腕は確かなのに仕官の口がなく、うだつのあがらない武士・三沢伊兵衛と、彼を支える妻・たよを主人公とした物語。『乱』のような大スペクタクル・シーンがあるわけではなく、比較的地味な内容の時代劇だったが、黒澤監督の遺志を継いでこれを映画化するとしたら監督は誰にしようか、という話になった時、晩年の黒澤監督を助監督として支えた最後の弟子・小泉堯史を本作で監督デビューさせようということで黒澤組スタッフの意見がまとまった。. 【定価51%off】 中古価格¥1,600(税込) 【¥1,700おトク!】 全集 黒澤明(第3巻)/黒沢明【著】/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 黒澤作品はバラエティに富んでいながらも、すべての作品で完成度が高い。 その大きな理由の一つに、作品の趣によって共同脚本執筆者を使い分けているからである。 「羅生門」「生きる」「七人の侍」など、重厚なテーマを擁している作品では橋本忍。 「わが青春に悔いなし」「悪い奴ほどよく眠る」「天国と地獄」など、社会派サスペンスでは久板栄二郎。 「素晴らしき日曜日」「酔いどれ天使」などの小市民を描いたものは、植草圭之助。 「野良犬」「用心棒」「隠し砦の三悪人」などの痛快娯楽映画は菊島隆三。 とくに、菊島隆三の脚本家としての存在感は「用心棒」では非常に大きく、セルジオ・レオーネ監督「荒野の用心棒」のリメイク脚本権利収入が入ってきたとき、菊島が7割、黒澤が3割で分配したという。 それほどまでに黒澤の信頼を得ていたというか、「三十郎」というキャラは黒澤ではなく、菊島が生みの親であるということでしょう。 小国英雄は黒澤組ではまとめ役として、上がってきた脚本に目を通してジャッジするという仕事であった。 「生きる」で主人公が物語の中盤で亡くなる展開は小国英雄のアイデア。. 角川映画 (発売), 角川エンタテインメント (販売) デジタル完全版.

文藝 黒澤 明. 私がこれまで見聞きした限りですが、「物語の主人公は一人か二人のみ」という風に考えている人が少なくないようです。 『七人の侍』は、題名通り7人の武士が主役として出てきますが、映画全体を見ますと、必ずしも彼等がいつも主人公という風には描かれていないことが分かります。(事実、7人の最初の1人となる勘兵衛 (志村喬) が初登場するのは、開幕から約30分も経ってからです。) 『七人の侍』のタイトルが終わった後に最初に登場するのは、野武士の群れで、次に農民の集団。その中から侍を探しに4人の農民が町へ行きます。4人の中では、野武士と闘うことを言い出した利吉 (土屋嘉男) が突出していて、彼の方が主人公のように見えるときもあるくらいです。 最初に登場する侍の勘兵衛が、他の6人の侍を纏めて、野武士撃退の作戦を統率し、映画のラストも締めるので、勘兵衛が主人公と言うのが無難かもしれません。 ですが、勘兵衛を慕う勝四郎 (木村功) も、勘兵衛に付きまとう菊千代も、勘兵衛に劣らず活躍するので、一概に勘兵衛だけが主人公とも言いにくいです。タイトルでは、志村喬と三船敏郎が並んで最初に出ますが、ポスターでは三船敏郎が一番大きく描かれることが多いですし。 映画全体を俯瞰して見ると、武士と農民の双方の登場人物達の視点から物語が描かれていくという重層的な構成とも言えそうです。 私からすれば主人公が誰であろうと大して気になりませんが、主人公が特定されないことに不満 (不安?) を覚える人も何人かいるようです。 米Amazonの『七人の侍』のレビューにも、主人公が誰か分からない、と書かれた不満を見かけたことがあります。 更に記憶を遡れば、私が中学生のとき、授業の中で教師があるハリウッド映画のビデオを見せてくれたことがありました。その洋画は単純明快なアクションものでしたが、冒頭の数分間、何人かの生徒は「主人公が誰か分からない」と不満そうでした。 何故、物語に主人公がいないといけないと思う人がいるのでしょうか?『平家物語』や『戦争と平和』に特定の主人公がいないからといって、その作品の価値が損なわれることなど無いというのに。 これは私の想像ですが、1人か2人の主人公による物語の方が分かり易いからという理由しか思い付きません。 1988年にクライテリオン版LDのために録音された映画評論家マイケル・ジェックによ. この裁判は、黒澤明監督の映画のうち 東宝が著作権を持つ「生きる」など1943〜1952年公開の8作と、 角川映画が著作権を持つ「羅生門」など1949〜1950年公開の2作が、 映画脚本 黒沢明 販売 著作権を侵害されたと、両社が販売差し止めなどを求めていたもの。. 本件映画1については 監督・脚色黒沢明「 」「東宝株式会社・製作配給 (甲48)」 , 本件映画2については「脚本監督黒沢明「東宝株式曾社・製作配給」(甲49),」 本件映画3については「脚色演出・黒澤明「東寶株式會社製作」(甲50),」. 実は、「午前十時の映画祭」で『七人の侍』を鑑賞するのは三度目になります。最初は年10月22日にイオンシネマ宇多津で2K上映を鑑賞して、次に年6月13日にTOHOシネマズ岡南で4K上映を鑑賞しました。 何度見てもデジタルリマスター版の鮮明な映像と音声には驚かされます。 『七人の侍』はスタンダードサイズの画面なので、前方の席でも画面全体を把握することが出来ます。 前半の街のセットの細かい作り込みや、遠景のエキストラにまで丁寧に演技指導が行き届いているのがよく分かります。 そして、コントラストの強い白黒映像が俳優の眼を更に印象付けます。利吉の憤怒の眼。万蔵の狡い眼。勘兵衛の雄々しい眼。五郎兵衛の柔和な眼。菊千代の獰猛な眼。そして、利吉の妻役の島崎雪子は一言も台詞が無いのに虚無、驚愕、冷笑の眼力が圧倒的です。 ラストの豪雨の決戦も、フィルムの傷が殆ど全て除去されています。 音声の鮮明さも驚異的です。オープニングの「野武士のテーマ」で、打楽器の音がクッキリと聞こえるので早々に驚かされます。休憩音楽の「侍のテーマ」で、打楽器か何かが当たる物音も除去されています。 1975年のリバイバル時に『七人の侍』には斬殺音等が追加され、それ以降はその音声版が使用されてきましたが、今回は原点である光学録音の音声を修復しましたので、斬殺音無しの1954年版として蘇りました。 侍集めの舞台となる町の人々の声や、村の川の流れ、登場人物達の息遣いなどが鮮明に聞こえ、黒澤明が実に繊細な音の演出をしていたことを改めて実感します。 何よりも特筆すべきなのは、三船敏郎を筆頭に、これまで聞き取りにくかった台詞がかなり聞きやすくなった点です。 現時点で過去最高の『七人の侍』修復版なのは間違いないです。. 『七人の侍』の大筋は、「毎年、野武士に襲撃される寒村の農民が、自衛のため浪人を雇って野武士を殲滅する」というシンプルなものです。 この「外敵から自衛するために闘う」という骨子は、公開当時から、その是非を巡って少なからず議論の的となってきました。 映画脚本 黒沢明 販売 『七人の侍』が公開された1954年 (昭和29年) は、日本の敗戦から僅か9年後で、アメリカの占領から独立してまだ2年という時期でしたので、自衛隊の発足などと絡めて『七人の侍』を「日本の再軍備」を肯定する映画だと批判する声があったそうです。 後年、黒澤明が、山田洋次と井上ひさし との対談 映画脚本 黒沢明 販売 (『文藝春秋』1991年12月号) で語った話では、『七人の侍』の撮影現場を当時の社会党の書記長・和田博雄が見学に来た際、和田の秘書が「野武士は野武士の言い分がある」という発言をしたそうです。激怒した黒澤は、「泥棒がいいという論理か、泥棒をすることは悪いことだろう、それと戦うのは当たり前じゃないか」と反論しました。. See full list on banger. 「黒沢明監督(1998年死去)の映画12作品の格安dvdを販売するdvd制作会社に対し、著作権を持つ東宝など3社が販売差し止めなどを求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は8日、制作会社側の上告を棄却する決定をした。販売差し止めなど.

。 その腕力の強さじゃお前にかなうものは日本にはいない。 しかし、その腕力に頼って無理なシチュエーションや不自然な状況を作っていては、リスクが高い。 成功すれば各種喝采だか、失敗する可能性の方が高いんだ。」 これは、先輩の小国英雄からの「無茶をするな」というアドバイスであるとともに、「お前は才能がある」という太鼓判を押された言葉でもある。 その場の同席していた黒澤はその小国の言葉を橋本よりも緊張した面持ちで聞き入っていたという。 橋本忍はもともとサラリーマンをしながら、伊丹万作の指導を受けて脚本を書いていた。 橋本がはじめて書いたのが「雄雌」という芥川龍之介の短編小説「藪の中」を題材にしたものだった。 橋本は特に芥川龍之介が好きだったというわけでもなく、ただ夏目漱石や森鴎外などの文豪の作品は映画化されているのに、なぜ芥川作品の映画化作品はないのか?という疑問からはじまったという。 黒澤は黒澤で、時代劇と言えば江戸時代や戦国時代ばっかりでなぜ平安時代はないんだろう?と思っていたという。 そんな黒澤のもとにふとした縁で「雌雄」が入り、黒澤が気に入って次回作にすると決定。 スポンサーリンク 黒澤は橋本を東京まで呼んで、「雌雄」は映画いするにはちょっと短いから、どうにかしてくれないか?と頼んだところ、橋本は思いつきで別の芥川短編の「羅生門」を足したらどうか?と提案。 それが通り「羅生門物語」として第一稿が完成したという。 そのあと、橋本は病気にかかってしまったため、最終脚本は黒澤単独で書き上げられた。 橋本の脚本はその綿密な構成力が突出しているのだが、自身のシナリオ術についてこう述べている。 正に「羅生門」の脚本は小国が言った通りの、「腕力に頼って創った無理目なシチュエーション」であったが、その脚本腕力と黒澤組の仕事の精度でもって、リスクを跳ね返す傑作となった。. 映画脚本 映画撮影現場で助監督をしている黒沢明は、名前だけは「巨匠」の風格だが、頼まれると断れない性格で要領の悪い、b級ホラー好きの気弱な映画オタクだ。現在の黒沢が携わる「壁ドン」な青春恋愛映画の現場で、監督やスタッフからこき使われる日々を. See full list on star-director.

1サウンド」 今の時代だからこそ「白黒映画」の良さを味わう クライテリオン版dvd 概要 黒澤明と言えば戦前から戦後にかけて多くの傑作・名作・問題作を残し. 元々の出発点が黒澤組スタッフによる「小泉堯史を監督として独り立ちさせよう」というところにあったこともあり、撮影現場は監督輔・野上照代、撮影・上田正治、撮影協力・斎藤孝雄、美術・村木与四郎、照明・佐野武治、録音・紅谷愃一、衣裳・黒澤和子といった面々が、ポストプロダクションの局面でも音楽・佐藤勝、編集・阿賀英登といった黒澤作品ゆかりのスタッフが結集したほか、キャストのほうも主人公役には後期黒澤映画の主演スターだった寺尾聰、その妻役には『乱』の宮崎美子、そして仲代達矢、井川比佐志、原田美枝子、松村達雄、隆大介、頭師孝雄、吉岡秀隆といった過去の黒澤作品のスターたちが数多く出演することになった。 それらの数多くいる出演者の中で、最後の1ピースとしてはめ込んだのが、主人公を剣術指南役として迎え入れようと考えるものの、一足遅く主人公夫婦をまた当てのない旅へと出立させてしまっていたことを悔しがる殿様、永井和泉守重明役を演じる役者だった。その隠し玉ともいえる俳優こそが、黒澤明監督に先立つこと8か月前に世を去った故・三船敏郎の長男、三船史郎だった。 三船史郎は成城大学在学中の1970年に俳優デビューし、その後は父親の経営するドイツ・ミュンヘンの「ジャパン・レストラン・ミフネ」の支配人などを務めた後、三船プロダクションの経営に専念していたのだったが、小泉堯史監督と野上照代監督輔とで成城のテニスコートでテニスの練習をしていた彼を口説き落とした。久々の映画出演を、かつての黒沢映画における父親を彷彿とさせる風格のある武士(殿様)役での初めての時代劇出演として迎え入れることで、黒澤=三船コンビによる傑作時代劇の数々で育った映画ファンたちに嬉しい驚きを与えたのだ。 もちろん、かつてなら「もうすぐ四十郎だがな」という時期の三船敏郎が演じていたであろう、腕の良い浪人という役どころは寺尾聰が演じている訳なので、その後の「世界のミフネ」としての貫禄のある殿様役(『将軍 SHOGUN』1980年での役を彷彿とさせる)での三船敏郎のイメージを、齢50になっていた息子の三船史郎が演じるというのがミソだった。このキャスティングは、まさしく『赤ひげ』(1965年)を最後に、その後実現することなく終わった黒澤=三船コンビが疑似的にダブルで復活したような驚きだった。.


Phone:(438) 726-3766 x 9678

Email: info@buhn.rubuntu.ru