logo

Sf映画 昔

See full list on cinemarche. sf映画 昔 。. 黎明期からのSF作品が科学的な側面を強く持っていたのに対し、「SFは必ずしも科学だけではない」という見解から始まった、サイエンス・フィクションとは別個のSF解釈である。日本語では「思弁小説」と訳されることもある。 スペキュレイティブ・フィクションという語それ自体は古くから存在するが、これを従来のSFに対する新しい解釈として使い始めたのは、1960年代以降の作家や編集者たちによる「ニューウェーブ運動」であった。 これまで主流であったSF(サイエンス・フィクション)に対し、思想や哲学といった要素を取り入れようとした動きであったが、徐々にこの語は使われなくなっていき、現在ではほとんど見かけることはなくなっている。 しかし、年頃になると、あるジャンルを包括的に示す語として再び使われ始め、海外の文芸誌や論評に用いられた。 スペキュレイティブ・フィクションを〝SF〟と略すことがあるため、サイエンス・フィクションと混同される場合がある。 (が、大抵の場合SFといえば上記のサイエンス・フィクションを指していることがほとんどである) ちなみに、「スペキュレイティブ・フィクション」のさらにサブジャンルとして「スペキュレイティブ・エボリューション」と言うものもあり、ロバート・L・フォワード『竜の卵』やカート・ヴォネガット『ガラパゴスの箱舟』などのSF小説がこのサブジャンルに属すると見なされることもある。. 主人公セスは天才科学者。彼は長年の研究により、2距離間を一瞬で移動する革命的な装置「テレポーテーション」の発明に成功します。 ある日自分を被験体とし実験したところ、セスは誤ってハエと一緒にテレポーテーション装置に入ってしまい、ハエと融合してしまいます。 その後セスは異様なほど性欲が強くなったり、コーヒーに砂糖を何十杯も入れだしたりと、はじめは少し挙動がおかしくなる程度でした。 しかし次第に昆虫のような毛が生え始めたり、変な色の血が出たり、体の一部がボロボロ崩れ落ちたりと、異様な姿に変貌していきます。 sf映画 昔 日に日に人間からハエに変化していく、その残酷すぎる過程を克明に記録しているのが『ザ・フライ』の最もおぞましく、魅力的な点。 本作は人間の心を失っていくセスと、ハエとなった彼をも愛そうとする恋人の葛藤も描かれており、単なるSFホラーに収まらない名作です。. 引用元:技術が低かった昔の方が良質なSF映画がたくさん作られてたのってなんで? 1: 風吹けば名無し /07/15(月) 15:52:25. イギリスの映画誌「TOTAL FILM」 が「史上最高のSF映画 TOP50(The 50 Greatest Sci-Fi Movies Ever)」というランキングを発表しましたので、今回ご紹介したいと思います。 これは投票結果をランキング形式で発表されたのですが、投票したのはおそらく読者なんでしょうねっ。しかもトップ50という.

舞台は近未来のニューヨーク。ゴキブリを媒介とする伝染病が蔓延しており、治療法もわからないまま多くの人が命を落としていました。 そこで昆虫学者である主人公スーザンは、ゴキブリの天敵となる新種の生物を開発し、街に放つことでゴキブリの根絶に成功します。 そこから3年が経ち、伝染病もなくなり平和になったニューヨークでしたが、彼女の作った生物が突然変異を遂げ、人々を襲い始めます。 『ミミック』の特徴は、化け物のダイレクトすぎる容姿。ゴキブリを巨大化させカマキリを足したようなフォルムは気持ち悪いの一言です。. 皆さんは、いつ頃から映画を観るようになりましたか? ぼくは小学校低学年の頃、よく父親に連れられて映画館に行ったことを覚えています。E. 【原題】 【日本公開】 1952年(アメリカ映画) 【監督】 クリスティアン・ナイビイ 【キャスト】 ケネス・トビー、マーガレット・シェリダン、ロバート・コーンスウェイト、ダグラス・スペンサー、ジェームズ・アーネス 【作品概要】 SF小説界の大物ジョン・W・キャンベルの短編小説「影が行く」を実写化したSFホラー映画。 およそ20年にわたり放送された大人気西部劇ドラマ「ガンスモーク」で主人公を演じ、高い評価を受けたジェームズ・アーネスが「物体」を演じました。 【映画『遊星よりの物体X』のあらすじ】 アラスカに謎の飛行物体が落下。 調査のため訪れた調査隊のメンバーは、飛行物体の中から氷漬けになった人のような「物体」を発見し基地に持ち帰りますが.

. 『The Thing from Another World』 『ハロウィン』(1978)や『ニューヨーク1997』(1981)などホラーやSF界に多大なる貢献をした監督ジョン・カーペンター製作の映画『遊星からの物体X』(1982)は、リドリー・スコットによる『エイリアン』(1979)と並びモンスターパニック映画の伝説的作品と呼ばれています。 そんな『遊星からの物体X』の原点ともなった本作は、意外なことに「ホラー」としての面白さよりも特殊なシチュエーションで展開する「会話劇」のような面白さがあります。 sf映画 昔 50年代と言う時代背景から見ても特殊効果自体は稚拙なものであり、恐怖描写へのこだわりは感じるものの現代の作品から見るとやはり劣った印象を受けてしまいます。 しかし、「物体」を通して科学の発展を目論む研究者と、「物体」の危険性を知り抹殺を望む軍人の対立から起きるジョークを交えた会話が魅力的であり、センスの高さが伺えます。 sf映画 昔 ジョン・カーペンター版が語られることの多い「影が行く」の実写化作品ですが、原点であり違った面白味のある本作も別作品としてオススメです。. net 最近SF元気なさすぎやろ 2: 風吹けば名無し /07/15(月) 15:52:51. 主人公は、相手を睨むだけで脳細胞を破壊したり、血管を爆破したり、思考を操作したりできる超能力「スキャナー」の持ち主でした。 彼はその能力を買われ、世界有数の警備会社に雇われます。そして、会社の天敵となるスキャナー組織を壊滅するよう命じられるのでした。 本作は開始5分で登場人物の頭が吹き飛ぶなど、とても万人受けする映画とは言えないものの、今なお根強いファンを多く持つ怪作。 それは、能力者に生まれたことで味わう「終わりのない孤独」を描くなど、異端者の心理に重点をおいた斬新なSFであることが理由です。. 本作は、平和な町である日突然、鳥に襲われるようになった人々の恐怖を描いたSFホラー。 原因や対処法もわからない人々は、カラス、ハト、スズメなどごく普通の鳥たちによる襲撃になす術なく、大量の死傷者を出していきます。 着想はシンプルながら、鳥についばまれて目が潰れたり、体に穴が空いたりして死ぬシーンはかなりグロテスクで、閲覧は注意が必要。 また作中で襲撃の動機が明かにされないため、いつ襲ってくるのか全く予想できない状態が続き、見ている方も終始ハラハラする作品です。.

宇宙船の乗組員であり、火星探査を任じられた主人公たち。彼らは無事に任務を完了するも、火星から謎の生命体を持ち帰ってしまいます。 はじめは、未知の地球外生命体と心踊らせながら交流していた彼らですが、実験中に突如、その生物が乗組員たちを襲い始めます。 船員を1人1人殺していく謎の生物。「コレを地球に持ち帰れば人類が終わる」と直感した彼らは、生命体の宇宙空間での抹殺を決意します。 本作の敵は『エイリアン』のように獰猛果敢な怪物ではなく、喉から体内に入って人を窒息死させるなど、高い知能を持っているのが特徴。. (C)坂田敦哉 いかがでしたか。 次回のprofile077では、クラウドファンディングで製作された中小企業を題材とした奇抜すぎるSF映画『宮田バスター(株)』()をご紹介させていただきます。 いつもとは日付を変更し11月22日(金)の掲載となります、お楽しみに! 【連載コラム】「SF恐怖映画という名の観覧車」記事一覧はこちら. SF sf映画 昔 Express is pleased to announce the launch in April of a new “Los Angeles to Hangzhou” service, to run along side its existing “New York to Hangzhou” ser. 昔のSF映画。 宇宙人を描いた作品「マック」をご存じの方いらっしゃいますか?あの作品が大好きだったので、もう一度見たいのですがDVD化されていないのでしょうか?また、「マック」を見たことあるという方感想を教えて下さい♪ 懐かしいですね。掃除機に吸い込まれていたのが印象に. ※1 ガンダムシリーズ一覧、機甲戦記ドラグナー、機動戦艦ナデシコ、銀河機攻隊 マジェスティックプリンス、新世紀エヴァンゲリオン、 翠星のガルガンティア、蒼穹のファフナー、装甲騎兵ボトムズ、太陽の牙ダグラム、超時空世紀オーガス、伝説巨神イデオン、トップをねらえ! 。.

ハリウッドで大迫力の怪獣映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』()が公開され、日本の全世代だけでなく世界的にも大人気の「ゴジラ」。 怪獣の象徴ともいえる伝説のゴジラは日本の天才、本多猪四郎と円谷英二によって生み出されました。 スピルバーグも少年時代に影響を受けたと明言するほどに卓越した特撮映像の偉大さもさることながら、本作における重要な部分は「ゴジラ」への恐怖にあります。 現代では「怪獣映画」と言われると、巨大怪獣同士が戦いあうアクション性を重視した作品に捉えてしまいがちですが、本作では「ゴジラ」による破壊の恐怖を前面に押し出し徹底的にシリアスに描写。 そしてそんな「破壊の象徴」とも言える「ゴジラ」はどうして日本に上陸したのか、と言う部分から真の「怪物」の存在が明らかになるメッセージは深く、本作が「反核映画」とも呼ばれる深い作品であることが分かります。 本作の意思は庵野秀明監督による『シン・ゴジラ』()にしっかりと受け継がれ、「ゴジラ」の恐怖とそれを生み出してしまった存在への批難が現代にも継承されています。. 【公開】 1956年(日本映画) 【監督】 島耕二 【キャスト】 南部彰三、山形勲、見明凡太朗、苅田とよみ、目黒幸子、川崎敬三 【作品概要】 宮崎駿によってアニメ映画化されたことで若年層にも有名な堀辰雄の小説「風立ちぬ」を50年代に実写化した島耕二が手掛けたSF映画。 独特なビジュアルで高い人気を持つヒトデ型の宇宙人「パイラ星人」のデザインを手がけたのは「太陽の塔」で有名な岡本太郎。 【映画『宇宙人東京に現わる』のあらすじ】 原水爆の開発が地球を破壊に導くことを危険視し、開発の中止を訴えるため地球の上空に飛来したヒトデ型の宇宙人「パイラ星人」。 原爆を唯一落とされた国であり、説得相手として最も適任とされた日本に来訪した「パイラ星人」でしたが、その特異な見た目が恐怖を煽ってしまい. See full list on dic. 。. 単に「SF関連を多く書いている作家」や「代表作にSF作品がある作家」であり、他のジャンルの小説も書いている作家や、一般的には他ジャンルの作家であると認識されている者も含む。「小説家の一覧」等も参照。また漫画家や映画監督なども含む。 ※ H・G・ウェルズ、ロバート・A・ハインラインなどは、まだ大百科に記事がありません。. 。.

戦前の日本においても「空想科学小説」と呼ばれるものが存在し、先駆的な作品が数多くみられたが、現在の「日本SF」というジャンルは終戦後国内に持込まれた欧米作品の影響のもとで出発したものといえる。 1957年同人誌『宇宙塵』そして1959年には『SFマガジン』が創刊され、これらから星新一、小松左京、筒井康隆、光瀬龍、眉村卓、平井和正など後の大御所がデビュー。以降の日本SFを牽引してゆく。 1960年代に入ると手塚治虫、藤子不二雄、石ノ森章太郎などの漫画家が多くのSF漫画を執筆。その後も松本零士、永井豪らがあとに続き人気を博した。また平井和正や豊田有恒などのSF小説家がアニメの制作にかかわったりと、これら漫画・アニメとの関係は親密になっていった。 1970年代から1980年代にかけて、小松左京『日本沈没』の社会現象的大ヒットに続き、『宇宙戦艦ヤマト』や巨大ロボットものなどのアニメ、『スター・ウォーズ』をはじめとする映画が放映・公開され、それまであまりメジャーとは云い難かった「SF」が大衆へと浸透・拡散していった。一方活字の世界では高千穂遙、新井素子、菊地秀行らが現在のライトノベルの源流ともいえる流れを作り出した。 しかしこの70年代から80年代初頭に生じた「SFは売れる」という幻想の反動と、狭義のSFのマニアック化・難解化により、1980年代末から1990年代に「冬の時代」と呼ばれる日本SFの低迷期が訪れる。「帯にSFと書くと売れない」と言われ、多くのSF専門誌が廃刊に追い込まれた。これにより多くの新人向コンテストが廃止、行き場を失った新人作家たちはこぞってラノベ出版社の門を叩いた。このころライトノベルで活躍した作家として笹本祐一や野尻抱介、山本弘らが挙げられる。そのため逆に、90年代後半から年代初頭にかけては上遠野浩平、古橋秀之、秋山瑞人、小野不由美など、ライトノベル出身作家がSF界から注目されるという現象も起きた。 年代に入ると、日本SF新人賞・小松左京賞と長編新人賞が2つできたことに加え、早川書房が専門レーベルを立ち上げるなどして、滅亡しかけていた日本SFの再建が始まる。80~90年代に活躍したSF作家は1960年前後生まれが多かったが、この頃から小川一水や冲方丁といった70年代以降生まれの若手作家たちが台頭。また海外からの日本のオタク文化への. 舞台は南極。観測基地の隊員たちは、南極探索の最中に見つけた謎の生物を、その正体を知らないまま基地内へと招き入れてしまいます。 「物体X」と呼ばれるその生物は、捕食した相手の姿に擬態できる能力を持つため、隊員たちを1人ずつ取り込み、仲間を増やしていきます。 「物体X」の恐ろしいところは、人や動物に遺伝子レベルで擬態するため、誰が物体Xに取り込まれたのか、外見上は一切わからないこと。 しかし一度捕食されれば、脳も体も全て支配されるため、外見以外は完全なる別人。そのため隊員たちは次第に疑心暗鬼になっていきます。 本作は序盤で、敵にヘリや雪上車を全て破壊されるため「どのみち助からないのでは?」と予想がついてしまうものの、まさにその通り。 主人公たちに残された道は2つ。「敵を全滅させて凍え死ぬか」「敵に惨殺されるか」どちらにせよ報われないラストへと向かっていきます。. 』(1971)や『スタートレック』(1979)を製作したことでも有名。 【映画『地球の静止する日』のあらすじ】 ワシントンに着陸した円盤から降りてきた人型の宇宙人クラトゥ。 地球の兵器の攻撃を苦にしない圧倒的技術のロボットを従えるクラトゥは、平和の使者として地球にやってきたと話しますが. 舞台は近未来の宇宙。クルー7人を乗せた宇宙船は、任務を終え地球へと帰還する最中に、付近の小惑星で生命体の信号をキャッチします。 惑星に降りた彼らは謎の生物に襲われるなど緊急事態に陥ったため、即座に帰路につくも、その生物はすでに船内へ侵入しているのでした。 本作のキャッチコピーは「宇宙ではあなたの悲鳴は誰にも聞こえない」逃げ場が一切ない状況で、目を背けたくなるような殺戮が続きます。 エイリアンが乗組員のお腹を突き破って生まれてくるシーンなど、視聴者にトラウマを植え付けるには十分すぎるほどのインパクトの作品。. 【原題】 The Day the Earth Stood Still 【日本公開】 1952年(アメリカ映画) 【監督】 ロバート・ワイズ 【キャスト】 マイケル・レニー、パトリシア・ニール、ヒュー・マーロウ、サム・ジャッフェ 【作品概要】 幅広いジャンルで数多くの映画を製作し、映画界に多大なる貢献を果たしてきたロバート・ワイズが50年代に製作した古典SFの傑作。 SFと言うジャンルにおいてロバート・ワイズは後年に『アンドロメダ. 『The Day the Earth Stood Still』 後に『地球が制止する日』()としてキアヌ・リーヴス主演でリメイクされたことにより、現代でも知名度を上げた1952年公開の映画『地球の制止する日』(1952)。 『ウエストサイド物語』(1961)や『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)と言えば聞き覚えがあるであろう、ロバート・ワイズ監督によって製作された本作は当時の映画としては斬新な設定が話題となりました。 70年代に巨匠スピルバーグが製作した『未知との遭遇』(1978)で人類にとって「友好的な宇宙人」が描かれたことにより、「実在する宇宙人と人類の懸け橋となるために製作された映画」と言う都市伝説が出来たことは有名です。 そのくらい70年代以前のSF映画では「友好的な宇宙人」の存在は希薄であり、地球にやってきた宇宙人は侵略を目的にしていると言った固定概念に捕らわれていたとも言えます。 そんな中、50年代に製作公開された本作は宇宙人クラトゥの人類のための献身が光る作品であり、時代背景から見ると間違いなく異色の作品。 前述した『宇宙人東京に現わる』は間違いなく. 。.

1931年日本の初のトーキー映画「マダムと女房」が公開。 1951年日本における初のカラー映画「カルメン故郷に帰る」が公開。 1950年代日本映画は世界各地の映画祭で様々な賞を受賞し、世界に日本映画の素晴らしさを広めた。. もう40年近く昔の映画になる。 宇宙SF映画の古典だ、今見るとやや古臭くセットもちゃちな感じがするが映画の内容は今でも斬新だ。 年にスティーブン・ソダバーグによってリメイクされているがあまりヒットしなかった。. 。. (C)角川映画 ヒトデ型の宇宙人のビジュアルが目を引く、50年代の日本による壮大なSF映画『宇宙人東京に現る』(1956)。 岡本太郎が手掛けた「パイラ星人」は地球よりも遥かに進んだ技術と知能を持ち、関係のない地球のために奮闘する生物として現代でもカルト的な人気を誇っています。 その独特のビジュアルから「ネタ」として捉えられがちな本作ですが、実は戦争が終わって間もない時期だからこそ描けるメッセージが大量に盛り込まれた作品。 「パイラ星人」は地球に訪れる災厄を防ぐために善意から警告に訪れますが、特異な外見から話し合いにすらならず別の方法を模索することになります。 さらに、利権や来る次の戦争のために人類は兵器の開発を止めようとはせず、「パイラ星人」は頭を悩ませます。 地球規模の災厄を前に強さで上位に立たれることを恐れ疑心暗鬼となっていく本作の物語はこの時代だからこその重みを感じさせる内容。 後にこの作品で使用された技術の多くが「ウルトラマン」などの特撮作品に使われたこともあり、まさに邦画SFとして後世に影響を与えた作品です。.

net ゲームと一緒や 行間を埋める空白が消えた 3: 風吹けば名無し /07/15(月) 15:53:07. 全50作品!全50作品。sf映画ランキングです。 ある任務で未知の衛星にやってきた青年の運命を、最先端3d技術を駆使して描き、全世界で社会現象を巻き起こした巨匠ジェームズ・キャメロン監督によるsf超大作『アバター』に未公開映像を新たに加えた特別編。. 30年も昔の映画ということもあって避けていたのですが、sfスリラーでこの傑作sf映画を見ない人は非常にもったいないです。 もう一度、記憶を消してみたい傑作ベストSF映画でもあります。. 本作は、ウイルス災害の起きた製薬研究所を舞台に、主人公アリスがゾンビと戦いながら、AIの支配する施設から脱出していく物語。 今や無害なアクション映画と化したバイオハザードも、1だけは別格の怖さ。多くの視聴者にトラウマをもたらした傑作SF作品です。 2以降と違い、1は主人公が普通の人間なので「人が未知のウイルスに対していかに無力か」身をもって思い知らされる強烈なホラー映画。 ゾンビの他にも、レーザー光線で体がバラバラになるシーンや、落ちるエレベーターに頭が挟まるシーンなど、本気でトラウマになる描写が多いため、軽い気持ちで見ると後悔するかも。.

懐かしのsf映画 20選 懐かしのsf映画 20選 このコーナーでは、1950~1960年代にかけて作られた 懐かしいsf映画の中から特に20作品を選んで、当時のパンフレットと 共にその歴史を振り返ってみたいと思います キング・コング 製作年度 1933年 製作国 アメリカ. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - SFの用語解説 - おもに 20世紀に盛んになった文学ジャンルで,科学の発達とその驚異を取扱い,それが未来,架空の現在もしくは過去のこととして設定される。対象となる科学も,事実に基づく場合から,こじつけ,矛盾にいたるまで多様である。ただ. 舞台は年の宇宙。7年前行方不明となっていたホライゾン号から、SOS信号が届きます。 そこで船回収と生存者救助を目的として一隻の船が派遣されるも、ホライゾン号に乗り込んだ船員は皆、謎の幻覚症状に悩まされることに。 sf映画 昔 しかも彼らが船内で見つけた映像ログには、ホライゾン号の元乗組員たちが血みどろで殺し合う残酷な様子が、克明に記録されていました。 敵の正体がわからず、幻覚なのか現実なのかも判然としない中、船員たちは姿の見えない敵に怯えながらも脱出を目指していきます。. 第17回京都国際学生映画祭で長編部門グランプリを受賞した近藤啓介監督によるsfコメディー。地球の平和のため1週間後に宇宙人に食べられることを告げられた主人公の、その後の行動を映し出す。 ヒューマンドラマ、コメディ、sf.

【公開】 1954年(日本映画) 【監督】 本多猪四郎 【キャスト】 宝田明、平田昭彦、河内桃子、志村喬、村上冬樹、堺左千夫 【作品概要】 「ウルトラマン」シリーズでお馴染みの円谷プロダクションの初代社長円谷英二と本多猪四郎が手を組み製作された怪獣映画。 本作の大ヒットを機に『マタンゴ』(1963)や「ゴジラ」シリーズなどの特撮映画の名作の数々が製作されていくことになります。 【映画『ゴジラ』のあらすじ】 (C)東宝 小笠原諸島の近海で貨物船と漁船が相次いで消息を絶ちます。 発見された生存者は古くから伝わる謎の巨大生物「ゴジラ」の仕業であると語り、研究者たちは対策のため調査団を派遣。 数日後、東京湾に突如上陸したゴジラは日本を恐怖に包み込み始め. やインディ・ジョーンズ、スターウォーズ・・・。少年だったぼくは目を輝かせ、そんな映画の世界にどっぷりとハマり込んだものです。 懐かしい. . 『When Worlds Collide』 『ディープ・インパクト』(1998)の基となり、様々な創作物の源となった古典SFの傑作映画『地球最後の日』(1952)。 迫る終焉から一部の優秀な若者だけを脱出させると言う物語である本作は、旧約聖書における「ノアの箱舟」のエピソードを彷彿させます。 本作の面白さは一部の人間のみを脱出をさせる主人公側が「正義」として描かれている部分であり、現代との価値観の違いをはっきりと感じさせてくれます。 本作から多大な影響を受けた本多猪四郎による映画『妖星ゴラス』(1962)や、年のアニメ映画『プロメア』()では『地球最後の日』における主人公たちの選択に対し完全なアンチテーゼとして物語が展開するなど、本作の影響は日本にも確実に伝播。 一方で、開発者なのに乗船できないと知りロケットへの乗船を強行しようとする人間らしい行動の描写の数々は現実感があり、それでも人類の存続を重んじ行動するヘンドロン博士の偉大さに自己犠牲の尊さを見出すことが出来る本作。 確実な滅亡を前に巻き起こる人間ドラマから目を離せない、SFとヒューマンドラマの融合作として完. 小説や映画などSF作品はあくまで科学的な空想にもとづいた作り話ですが、この空想が現実となっ. アメリカSFの黄金期を作り上げ、後世の作品に大きな影響を与えた「ロボット工学三原則」の生みの親として知られるアイザック・アシモフは、単に宇宙人や空想科学を擁するものがSFなのではなく、価値観の崩壊・転倒による驚きや発見がSFには必要であると主張した。 ある種の不思議感や神秘感を指す語として使われることもあるようである。 科学解説者としても知られていた彼の作品には、科学を題材としながらもミステリー仕立てになっているものが多く、謎解きや推理の中で登場人物の価値観が転倒する描写がまま見受けられる。. アカデミー音響編集賞、サターンSF映画賞、ヒューゴー賞長編映像賞受賞。 同年の興行収益第一位。 未来世紀ブラジル Brazil: テリー・ギリアム: ジョナサン・プライス、マイケル・ペイリン、キム・グライスト、ロバート・デ・ニーロ.

ジョン・w・キャンベル・jrの『影が行く』を基にハワード・ホークスが製作した50年代sf映画の代表傑作。 アラスカの観測基地を舞台に、発掘された氷塊の中から出現した吸血異星人と戦う軍人・科学者たち。. SFとは、小説や映画などの創作作品におけるジャンルの一つである。 ある単一の決まりきった定義が存在せず、時代や地域、書き手によってさまざまな解釈や受け取り方をされる。 このため、SFの定義はしばしば読者らの間でも議論の対象となることがある。 SF作品の創始者的存在としては、イギリスのH・G・ウェルズ()やフランスのジュール・ヴェルヌ()らがとくに有名であり、後世の作品や作家への影響も大きい。 sf映画 昔 その他の著名な作家としては、アイザック・アシモフ()やフィリップ・K・ディック()、アーサー・C・クラーク()などが挙げられる。この他にも著名な作家は多く、テーマや作風も千差万別である。 以下では、これまでに提唱されてきたSFの解釈や定義について解説する。. この映画は 「勧善懲悪」 というsf映画の基本フォーマットをキッチリ押さえているため非常に見やすい映画です。 加えて「起承転結」も明確な構成になっていますので、 SF映画の入門編 としても最適な映画といえるのではないでしょうか。.


Phone:(113) 323-3984 x 1759

Email: info@buhn.rubuntu.ru